これを頑張れば絶対にお金は貯まります!家計の黄金比率って知ってますか?

お金を貯めるためには、家計の管理をしなくてはいけません。

 

となると、基本の家計って何?って思いませんか?

 

私は、適当、なんとなくの家計管理をしたために赤字家計におちいりました。

 

そこから抜け出すためには、

「理想的な家計」を見つけて真似をする ➡ 家計簿の改善になる!って思い行動しました。

 

理想的な家計=「家計の黄金比率」によって計算されたモデルがあります。

先輩FP方達が、いろいろと提案してます。

 

いろんな家庭、世帯があるので黄金比率パターンもいろいろとあります。

 

その中で私が選んだ「家計の黄金比率」を紹介します。

「お金が貯まる理想的なやりくり(家計の黄金比率)

 

手取り金額 100%  200.000円

住居費   25%   50.000円

食費    15%   30.000円

水道光熱費  6%   12.000円

通信費    5%   10.000円

小遣い    8%   16.000円

貯金    18%   36.000円

保険料金   6%   12.000円

日用品    2%   4.000円

医療費    1%   2.000円

教育費    4%   8.000円

交通費    2%   4.000円

衣服費    3%   6.000円

交際費    2%   4.000円

趣味娯楽費  2%   4.000円

その他    1%   2.000円

 

 

皆さん、この黄金比率みてどう思われますか?

 

手取り額によっては、金額が変わりますが…。

 

理想の家計は、我が家には現実的にはとても無理でした。

 

貯金の部分は、食費・保険・教育費に消えました!

 

理想的な家計を本当にやったら、まず生活が息苦しくてイライラしてしまうかも!?

 

心を苦しめてまで頑張るとはないと思います。

 

理想はあくまでも理想ですから…。

 

 

でも、この理想を頭において家計を管理すると、赤字家計の理由がわかるので反省ができ改善に近づきます

 

今は、食費がかかる時期、教育費がかかる時期、時期が過ぎたらおさまってくるからと割り切りも必要なことです。

 

だったらどこを削るしかないのかな?と。

 

家計の見直しで、一番最初にすることは「固定費」を抑えることが鉄則です!

 

「住居費」「保険」「通信費」とできれば「交通費=自動車」を削りましょう。

 

これらの見直しをきちんと行えば、家計改善は早くできます。

 

(「保険の見直し」については、後日ブログでお伝えします。)

 

そのうえで、公共料金・食費などの節約すると効果大ですよ!

 

 

私は、自分の家庭バージョンの家計のやりくり比率を作成しました。

今は何にお金を使わないといけないのかな?と考えて、家計バージョンも変化させました。

 

皆さんも、理想を踏まえて、オリジナル家計を作って見てくださいね (≧▽≦)

 

 

ブログ読んでいただいて、ありがとうございました。

 

お問い合わせ・相談は、お電話かメールでお気軽にご連絡くださいね!

 

どんなことでも、お持ちしてます。(≧▽≦)

 

美風 詩織

FPオフィス キャッツアイ

〒501-3901

岐阜県関市春里町2-2-30

TEL : 080-4877-9345

E-mail: mikaze7358@gmail.com