どうして保険に入るの?生命保険の本当の意味を知ってますか?(1)保険料とは…。

大人になって当たり前のように、「保険」に加入してませんか?

 

保険には、「自動車保険」「生命保険」「火災保険」などいろいろあります。

 

私たちの生活には、どうしてもお金のかかわること、心配事があります。

 

人それぞれ違ってきますが、自分や家族の入院・一家の稼ぎ手の死亡がおきてしまうと、貯金などで補えないほどの大きな金額が必要になる場合もあります。

 

それらを補う手段の一つに保険<生命保険>があります。

 

 保険とは万が一のお金の不安に備えるもの

 

「保険」とは、みんなで助け合う相互扶助の精神で成り立っています。

 

保険の考え方・仕組みは、「助け合い」です。

 

保険で、損得を考えることは、本来の保険の目的とは異なってきます。

 

だからこそ、どうして保険に加入するのか?を考えないといけないですよ。

生命保険の保険料の決め方を知ってますか?

 

 

「生命保険の保険料=純保険料+付加保険料」となります。

 

 

*純保険料 <どこの生命保険会社もほぼ同じ金額になります>

 

 収支相当の原則で、個々の契約者から払い込まれる保険料の総額と、支払われる保険金の総額が等しくなるように計算します。

 

 

 

付加保険料 <生命保険会社によって大小の金額の差になります>

 

 保険会社の経費+代理店手数料+利益 となります。

 

 

これらの保険料を決めるとき、予定死亡率・予定事業費率・予定利率をもとに計算します。

 

 

 

 

家計の中で、最も考えないといけないのが 生命保険料金 です。

 

 

その保障は、本当に自分に合ってますか?

 

本当に、必要ですか?

 

ご自身の体・生活環境・将来のことを見据えて、保険の契約をされましたか?

 

 

 

私が生命保険会社で勤務して、気づいたことは…。

 

 生命保険の契約は、住宅購入の次にとても大事なこと だとわかったことです

 

 

なぜなら、生命保険の基本原則は「病気になると契約できない」からです。

 

もし生命保険加入時に病気になってしまったら、既存の保険をやめる勇気がなくなります。

そうなるとその生命保険が更新型ならどんなに保険料が高くなっても払い続けるしかないのです。

 

または、病気でも加入できる保険に入り直したとしても、保険料がすごく高いか、保険対象の制限があります。

 

だからこそ「どの生命保険会社にするのか?」「どんな生命保険商品にするのか?」と、自分自身で考えて契約することをおすすめします。

保険会社の人・金融機関の人がすすめたから、契約したというのはちょっと心配です。

 

 

何のために、その生命保険商品に加入・契約したのかな?」と、再度確認してみてくださいね。(≧▽≦)

 

次回は、「国が保障してる保険制度」をお伝えします。

 

 

ブログ読んでいただいて、ありがとうございました。

 

お問い合わせ・相談は、お電話かメールでお気軽にご連絡くださいね!

 

どんなことでも、お持ちしてます。(≧▽≦)

 

美風 詩織

FPオフィス キャッツアイ

〒501-3901

岐阜県関市春里町2-2-30

TEL : 080-4877-9345

E-mail: mikaze7358@gmail.com