どうして保険に入るの?生命保険の本当の意味を知ってますか?(3)本当に必要な保険だけに加入するために…。貯蓄と掛け捨てが1番良いかも?

保険とは、前回もお伝えしましたが、万が一、滅多に起きないけどもし起きた時に大きなお金がかかることへの不安・経済リスクに備えるためのものです。

 

ですが、生命保険に対しては「保険で損するのは嫌だ。掛け捨て保険は嫌」と、よく金融機関で営業してるときお客様に言われました。

 

その度に「保険はあくまでもお守り。貯蓄がしっかりあれば生活の経済リスクは少ないので保険に入る必要がないかも?」と話をさせてもらいました。(実際にお金持ちの方は、相続対策で保険契約するのが多かったです)

 

もし貯蓄に不安なら、生命保険を選ぶことも必要かと思います。

 

ではどんな保険が良いのかな?となると、保険料の問題もあるので、自分自身にとって優先度が高いのにするのがベストです。

 

 

この2つの点を頭において決めることをおすすめします。

 

「万が一の時の経済的リスクが大きい」

 

「国などの公的保障などなくて、自分で用意をしないといけない代替手段として」

 

 

保険で絶対に入らないといけないイメージの商品は、「自動車保険」ですよね。「自賠責保険」は強制的ですね。

被害金額は何億になるかもしれないからです。

 

他に「火災保険」で住宅の保障、「個人賠償責任保険」で日常生活のトラブル・他人への保障

 

これらの保険は、ほとんど掛け捨ての保険です。

*「生命保険」死亡保障・医療保障は、前回お伝えしたように公的保障が用意されてます。

 

足らない保障部分を補う形で、生命保険に加入することをおすすめします。

 

いろんな不安に振り回されて、保険に入りすぎてしまうと「保険料で首が回らない」日々の生活・家計が苦しくなっては意味がなくなってしまいますから。

 

その分、「貯蓄」をすることも手段の一つだと思います。

 

貯金なら、生活が苦しくなった時には出し入れ可能です。

 

保険は解約すると、基本的には損ですから。

 

 

*「所得補償保険」「就業不能保険」=ケガや病気で働けなくなった時の所得を保障

 

国民健康保険に加入してる方は、公的の傷病手当金の代替手段として一度検討してみるのも良いかと思います。

 

 

 

 

今まで私はたくさんの方々とお会いし、お話をさせてもらいました。

 

「保険に入ってて助かったよ」というお声も。

 

保険は、本当に入り方が大事なことなんです。

 

皆さんが、ご自身に必要な保険を見極めて加入できたら、人生にとって一つの安心を手に入れたようなものですから。

 

ぜひ、参考にしてくださいね。(≧▽≦)

 

 

 

ブログ読んでいただいて、ありがとうございました。

 

お問い合わせ・相談は、お電話かメールでお気軽にご連絡くださいね!

 

どんなことでも、お持ちしてます。(≧▽≦)

 

美風 詩織

FPオフィス キャッツアイ

〒501-3901

岐阜県関市春里町2-2-30

TEL : 080-4877-9345

E-mail: mikaze7358@gmail.com