教育資金準備と同じくらい大事な○○とは?

将来の子供の教育費を考える時にもう一つ考えてもらいたいことがあります。

 

それは、「学習能力をつける」ことです。

 

教育費用を貯めることをがんばっても、支出が大きいと、お金は底をついてしまいます。

 

特に教育費が一番かかる大学費用は、前回もお伝えしましたが、国公立大学に行くのが一番費用が掛かりません。

一般的に 国公立大学(文系)は私立大学(文系)の「約二分の一、半分」の費用で済みますから。

 

「そんなこと分かってる」と皆さんに言われそうですが…。

 

実際に中学高校の時に大学進学をすると決めた時、お子さんの成績が振るわなかったらどうしますか?

 

ほとんどの皆さんが、「子供を進学塾などに入れるしかないよね」と言われます。

進学塾などの費用が本当に高い出費となります。

この塾代から、家計は苦しくなってきます…。 

「学習能力をつけること」を考える時、

 

最も大事なことは、「家庭学習」なんです。

 

小学校・中学・高等学校での学習は、学校の授業での学習だけではなく、家庭学習が大切なんです。

 

そして、家庭学習を始める時期は、小学校の早い時期から行うことがポイントです!

 

家庭学習を行うことで、学習時間の確保・学校の授業も理解できるようになります。

勉強する習慣がつくと、理解度に合わせて学習内容をかえることもできます。

 

親子のコミュニケーションも多くなり、塾代もかからないのが利点です。

 

 

我が家は、幼稚園の頃から、「ワークブックタイム」と言って、15分間、食卓テーブルに座って、市販の問題集を毎日行っていました。ワークブックが終わったら、おやつタイムとすることを習慣化しました。

子供たちはワークブックが勉強だったんだと気づいたのは、3年生になったからでした。

 

子育ては「鉄は熱いうちに打て」ですかね。参考にしてくださいね。(≧▽≦)

 

 

ブログ読んでいただいて、ありがとうございました。

 

お問い合わせ・相談は、お電話かメールでお気軽にご連絡くださいね!

 

どんなことでも、お持ちしてます。(≧▽≦)

 

美風 詩織

FPオフィス キャッツアイ

〒501-3901

岐阜県関市春里町2-2-30

TEL : 080-4877-9345

E-mail: mikaze7358@gmail.com