· 

「持ち家vs賃貸」あなたはどっち?トクはどっち?人生の大きな課題です。(住宅費用編)

 

社会人になり30代になってくると、多くの人がこの大きな課題に悩み始めます。私の個別相談でもよく聞かれる案件です。「持ち家vs賃貸」は、「こちらが正解!」とは言えないからです。でも、生きて生活するためには、いずれは「持ち家を購入するのか」、「賃貸で暮らし続けるのか」のどちらかを決めなくてはいけません。日本では「持ち家派」と「賃貸派」、どちらが多いと思いますか?実は「持ち家」なんです。住宅率は全体の61.6。(平成25年住宅・土地統計調査 総務省統計局)総務省のデータから見ると、都会・地方とでは、「持ち家」と「賃貸」の割合が大きく異なります。年齢や地域、またそれ以外の環境によって大きく変わってきますけど。持ち家と賃貸はどちらがトク?を考えてみましょう。どちらが得かを考える場合、目安としてほしいのが「年収」です。ファイナンシャルプランナーが良く提案している指標があります。安定した家計を維持するため「住居費は25%以内がベスト」。持ち家の場合の住宅費は「住宅ローン」、賃貸の場合は「家賃」となります。それとは別に「持ち家の価格は、購入者の年収の56倍前後がベスト」という指標もあります。安定・安全に購入する=身の丈にあったものにするという考え方です。

 

一般的に年収というと額面所得金額を皆さん言われますが。私は、手取り「可処分所得」で検討することをおすすめします。私の実体験から感じたアドバイスです。

 例えば、ざっくりと 家購入時期を、35歳、住宅ローンは30年間、ローン金利2%、頭金1割で計算してみると。

 

<年収300万の方の住宅にかかる費用累計>

 

年数

持ち家の場合

賃貸の場合

1年間累計

\2,623,000

\750,000

 

30年間累計

\18,750,000

\22,500,000

(計算条件:持ち家の費用は頭金+住宅ローン、1,875万円(年収の6.25)の物件を購入、賃貸の場合は家賃62500円のみ)

 

最初は賃貸のほうが安く済みますが、ローンの完済時期には、持ち家のほうが累計額が低くなり、賃貸のほうが約400万程も高くなってきます。住宅費は、その場所に長い期間住む予定とわかっている場合は、持ち家にしたほうが、総コストが低くなるかもです。一定の年収が見込められるようでしたら、持ち家にしたほうがトクということになります。

細々な住宅費用は計算してませんが、老後に家賃を払うというプレッシャーがないことは、心のゆとりを持つことにもつながります。賃貸でもしっかりと貯金があれば不安ないかもしれませんが。いろんな人生があるように、いろんな住宅の住み方があると思います。自分らしく過ごせることが何よりも大事なことだと思います。(≧▽≦)

 

【貯蓄のできる家計に改善コース】

 

 

ブログ読んでいただいて、ありがとうございました。

 

お問い合わせ・相談は、お電話かメールでお気軽にご連絡くださいね!

 

どんなことでも、お持ちしてます。(≧▽≦)

 

美風 詩織

FPオフィス キャッツアイ

〒501-3901

岐阜県関市春里町2-2-30

TEL : 080-4877-9345

E-mail: mikaze7358@gmail.com