子供の金銭教育

子供の金銭教育 · 13日 7月 2019
「今月のお金がない。貯金もない。どうしよう…。」 とおもうことありませんか? 私は、FPになるまでこのような気持ちになることが度々ありました。自分がお金の管理ができないことに反省することさえできませんでした。それは「お金の知識」がないから。「どうしてお金の知識がないのだろう?そうだ!習ってないから!」と自分で納得してしまいました。(>_<) 「どうして日本は学業・スポーツ・道徳などの教育は盛んなのに、金銭教育はどうしてないのかな?」 小さい時のお小遣い帳とは別の教育です。お金の稼ぎ方・使い方・楽しさ・怖さ、借金・収支の黒字赤字などなど。教えてもらわないから、勉強していないから、あやふやのままなんとなく過ぎてきていませんか?お金を管理するという考えがわからないままで。そしていざ大きな金が必要って時に悩む。 どうにかなれば良いけど、どうにもならない時はどうしますか?今は簡単に借金が出来てしまう時代です。銀行のATMと同じようにサラ金(言い方
子供の金銭教育 · 08日 10月 2018
我が家の金銭教育とは (具体的編)<幼稚園から小学生時代> *数遊びをして数字の概念を教えるとき。幼児の頃、積み木などで数の概念を100まで教えて、おもちゃのお金 ⇒ 本物のお金 で価値を教えました。幼稚園の頃は、お年玉は小銭いっぱいで喜んでいましたが、小学生になると紙幣のお金じゃないと凹んでましたね。*週一の買い物で、ポケモンパン(シールが流行ってたんです)を買ってあげるとき。子供を連れて買い物をして、商品を安く買うことを見せ、値引き商品を買うことを教えてました。半額シール・50%・5割シール・3割シールなどの意味もしっかりと教えていきました。そうすると、自分が欲しいポケモンパンを選ぶとき、息子達はパンの味よりしっかりと割引シールを見極めて購入してました。同じ100円でも値引きシールがついてると2つ買える。ポケモンシールが2個ゲットできると喜んでました。そのおかげ?で息子達は割引%の計算は早かったです。そして学校ですごいね!って褒められると算数の勉強も得意になっていきました。 *習い事を終えたとき、ご
子供の金銭教育 · 07日 10月 2018
私は、子供が幼稚園の時にファイナンシャルプランナーとなり自分自身の金銭管理の能力がないことを思い知りました。 現実を知りとても反省しました。 こで私は、息子達に小さい時から金銭感覚をつけようと思い、自分なりに考えて「金銭教育」を行ってきました。息子達が、幼稚園の年長(5歳)と年少(3歳)からスタートして、その息子達は、21歳と19歳の大学生となりました。現在2人の息子は、遠方で自分達で節約・バイトをしながら大学生活をしてます。そして自分なりに、勉強・情報を集め投資(株取引・FX)などをおこなってます。今は、私にいろいろと情報と厳しいアドバイスをくれる頼もしい?息子達になってます!(≧▽≦)