老後資金 · 11日 12月 2018
老後の資金というと、退職金?と思われる方が多いでが、実は安定して支給される年金がとても大切なんです。 自営業の人は、会社員の人と違って、厚生年金などが支給されないので、それに代わるもので年金を補うことをおすすめします。 自営業の人が、年金支給を補うために準備する手段として、押さえておいてほしいポイントは…。 *終身で支給されるもの *給付金が確定してるもの *税制優遇されているもの など。
個別相談で · 04日 12月 2018
今回は、個別相談でのお客様の声をお伝えします。 「旦那と定年後の話をしてます。本当にどうなるのか老後の生活が心配なんです」との内容でした。 今までは、夫婦2人で共働きをしてましたが、今回、奥様が仕事を辞めて再就職を探してる状態でした。夫婦ともに52歳でお子さんは自立。旦那さんは、退職したら田舎で暮らしたいと夢を語って少しずつ行動をしてる様子でした。奥様から「以前、保険の相談窓口や銀行窓口で将来のことを相談したら、いろんな保険やわけのわからないまま投資信託を契約してしまってどうしていいか困ってた」と。 いろんな話をゆっくりとしてもらい、アドバイスをさせてもらいました。 そして、嬉しいお客様の声もいただきました。
老後資金 · 03日 12月 2018
老後のライフプランを作って確認してみたら、「本当に老後の資金が足らない…。」と気付いたら、老後資金を確保することを考えましょう。 おすすめの<老後資金を確保する5つの方法>を提案します。 *定番の給料口座(定期収入)からの、自動積立貯金・給与からの財形貯金。毎月1000円からでもスタート。 *小銭貯金・○○○したつもり貯金をする。とにかく貯金箱にお金をいれて貯める癖をつける。 *家族との価値観・自分の価値観を改めて確認してみる。何にお金をかけるのか?教育費・住宅・介護など。理想を言えばどんどん費用はかさんでいきます。自分が苦しくなるような理想は修正した方が良い時もあります。 *収入以上にお金を使わない!生活をすること。<鉄則>
老後資金 · 02日 12月 2018
老後の資金を準備するためには、現在の家計の把握からスタート。 自分の現状状態を知るということが何よりも大事なことなんです。 「自分のお金・金融資産を簡単に、色分けして分類しましょう。」 お金を3つに色分けするとわかりやすいです。この方法は、私が金融機関の現場営業の時に、必ずと言っていいほど出会うお客様に提案させてもらいました。皆さん「これは良いね。わかりやすいね」って評判良かったです(≧▽≦)
老後資金 · 01日 12月 2018
老後資金を準備するときは、不足金額はどのくらいの金額なのか?を確認するのことが大切です。そのためには、老後(定年後)の生活の「収支バランス」のチェックが重要です。前回のパート1で、自分の年金収入をチェックしてもらいましたでしょうか?老後をイメージしてもらい、老後の収入は総合的にいくらか把握してください。
老後資金 · 30日 11月 2018
「少しでも今から、老後のためにお金を貯めよう!」と思い立ったら、まずは、日本の年金制度はなにがあるのかな?とチェックしてみてください。 年金制度とは、簡単に言うと、60歳以降からお金が支給される制度のことです。この制度は、国・社会が作ってる公的年金と、企業などが行うもの・個人で加入するも等、実はいろいろとあります。これらの制度を大まかに把握してみてください。 そして、ご自身が加入しているのはどんな制度で、内容は?と確認してみてください。このご自身の現状状態を知るということが何よりも大事なことなんです。
老後資金 · 29日 11月 2018
「人生100年時代」がくるかも?と言われるこの頃。定年(65歳から)になった後、時間の余裕がたくさんできてきます。金融機関現場でお会いしたたくさんの70代の方々は「自由になる時間はたくさんあるけど、やることがなくて暇。お金がないから楽しむための遊びもできない。こんな風に生きるとは思わなかった…」とよく嘆いてみえました。また、ある方々は、旅行三昧、本格的な趣味を励んで生き生きと楽しんでみえました。 私が肌で感じたのは、生き生きしてるとは!?自分の好きなことして、健康で、経済的不安がない状態の方だということがよくわかりました。 長い老後を楽しく過ごすためには、前もってライフプランを組み立て行動することが大切です! そのポイントは3つ。 1:「心のプラン」  人生の生きがい=自分のやりたいこと   
老後資金 · 26日 11月 2018
日本は、世界の中で、長生きする=平均寿命 NO.1 です!(2016年)今年発表された日本人の平均寿命は、女性が87歳、男性が81歳となり過去最高です。 「人生100年時代」がくるかも?と言われてます。 考えないといけないのが、健康寿命。現在の健康寿命は、70代前半。健康寿命とは、日常生活を自分で動いて過ごせることができる期間のことです。 老後=長い時間をどう過ごすか?特に、健康に過ごすことが何より大事になってきます。何をしてどう過ごすか?が老後のことを考えるうえで大切なことです。「長い老後をどう過ごすか?」を考える時のコツは3つです。
老後資金 · 25日 11月 2018
老齢年金は、国民全員がもらえる権利はあります。(納付により異なりますが…) <自営業の人の公的年金支給額は?> 自営業・フリーランスの人などは、基本的にはこの国民年金となります。(*年金上乗せ制度の国民年金基金がありますが、任意加入なのでまた別の機会にお伝えします) 会社員の人より、早めに老後の準備をスタートすることをおすすめします!
老後資金 · 24日 11月 2018
<会社員の公的年金支給額は?> 会社員の場合は、国民年金と別に「厚生年金」を二重に加入して保険料を納めます。就職した時点からに加入することができ、人によっては、20歳以前から加入してる方もみえます。また、60歳以降も会社で働いてる方は、70歳まで加入することになります。老後になった時、それまでの保険料納付期間と、厚生年金の場合は報酬に比例した年金を受け取ることができます。つまり、公的年金の支給額は、ひとりひとり異なってきます。 平均的モデルの会社員夫婦世帯で、老後の公的年金額をお伝えします。

さらに表示する